会社案内ガス利用案内ガス機器の案内安全について
HOME
 HOME > 緊急のときは
花巻ガス株式会社
緊急のときは
ガス臭いとき・ガス警報器が鳴ったとき
休日・夜間をとわず、すぐ花巻ガスにご連絡ください。
 ガス臭いとき、ガス警報器が鳴ったとき
 ▲戻る  
ガスが出ないとき
 
 ▲戻る   
都市ガス用マイコンメーターの復帰手順 
1.お部屋のガス栓、器具栓をすべて閉めてください。
2.ガスメーター正面左上の復帰装置のキャップを手ではずします。
3.復帰ボタンを止まるまで強く押し、ランプが点灯したら手を離してください。
4.約3分間お待ちすればランプの点滅が消えます。
5.お部屋のガス栓、器具栓を開ければ点火します。

都市ガス用マイコンメーターの復帰手順

3分経ってもランプの点滅が続くときは、ガス栓の閉め忘れやガス漏れが考えられます。もう一度、すべてのガス栓の閉め忘れがないかご確認のうえ復帰操作をしてください。

復帰操作がお分かりにならないとき、復帰操作がうまくいかず点火しないときは花巻ガスへご連絡ください。
 ▲戻る 
LPガス用マイコンメーターの復帰手順
1.お部屋のガス栓、器具栓をすべて閉めてください。
2.ガスメーター正面左側の復帰ボタンを押して、すぐ手をはなしてください。
3.そのままの状態で約1分ぐらいお待ちください。
(この間に、配管などに異常がないかマイコンメーターが自動的に確認します。)
4.赤い点滅が消え、液晶表示「ABC」も消えればそのままガスを使用できます。
5.お部屋のガス栓、器具栓を開ければ点火します。

マイコンメータの復帰方法

1分経ってもランプの点滅が続くときは、ガス栓の閉め忘れやガス漏れが考えられます。もう一度、すべてのガス栓の閉め忘れがないかご確認のうえ復帰操作をしてください。

復帰操作がお分かりにならないとき、復帰操作がうまくいかず点火しないときは花巻ガスへご連絡ください。
  ▲戻る
ガスコンロが点火しないとき 
以下の要因で点火しない場合がありますのでご確認願います。

ガスの元栓が閉まっている。
元栓を確認し、閉まっている場合は元栓を開け点火操作をしてください。

ゴムホースが外れたり、折れたりしている。
ゴムホースの外れ、折れがあった場合は、直したうえで再度点火操作をしてください。

電池が不良となっている。
電池式点火の場合、パチパチと音が鳴らず火花がとびません。電池切れの可能性がありますので電池を交換(プラス極、マイナス極に注意)し再度点火操作をしてください。

点火つまみが回らない。点火スイッチが押し込めない。
チャイルドロック(いたずら防止)装置があるガスコンロは、ロック(点火つまみの下にあるレバー)がかかっている可能性がありますので、ロックをスライドさせ解除し、再度点火操作をしてください。

バーナーキャップ(炎が出る部分)が斜めになっている。又は濡れている。
バーナーキャップに突起部があるタイプは、バーナーのくぼんだ部分に取り付けされるようゆっくり回しながら正しく取り付けする。突起部がないタイプは、バーナーキャップをゆっくり回しながら、バーナーとバーナーキャップの間が均等となるよう正しく取り付けする。バーナーキャップが濡れている場合は、布で拭くなどして、再度点火操作をしてください。

 ▲戻る 
小型湯沸器が点火しないとき(炎の調子が悪い) 
以下の要因で点火しない場合がありますのでご確認願います。

ガスの元栓が閉まっている。
元栓を確認し、閉まっている場合は元栓を開け点火操作をしてください。

湯沸器のプッシュボタンを押しても水が出ない。
湯沸器に接続されている水道管のバルブが閉まっている場合があります。ご確認してください。

電池が不良となっている。
電池式点火の場合、パチパチと音が鳴らず火花がとびません。電池切れの可能性がありますので電池を交換(プラス極、マイナス極に注意)し再度点火操作をしてください。

湯沸器上部の排気口がほこりなどでふさがっている。
排気が正常にできない場合、うまく燃焼しなかったり、近くの可燃物に引火する可能性があります。排気口のほこりなどを取り除いてから再度点火操作をしてください。湯沸器の上に物を置いたり、ほこりがたまらないよう十分注意してください。
  ▲戻る 
ガス臭いとき ガス警報器が鳴ったときガスが出ないとき
Copyright (C) 2009 HANAMAKI GAS CO.LTD. All Rights Reserved.